しゃおめいの”無邪気でいたい”

♫感じたことや考えたことを ”気まぐれに” 綴ります♬

入院生活

あれよあれよと、今年も師走になりましたね。

 

ご無沙汰しております、しゃおめいです。

先日ひさーしぶりの記事を投稿したと思っていたら、それはもう1ヶ月半近く前のことでした。

あの後、思うようでなかった体調の原因がわかり、それこそ "あれよあれよ" と入院、手術が決まり、今もこうして私は病院に住んでいます。

 

今までほとんど病院と無縁だった私にとって、ここで起こること全てが新鮮で恐怖で不安でした。

今となっては知識もついて、だいたい心構えや身構えができるようになったけれど、やはり病院にお世話になることはできれば避けたいことです。

 

いまだに退院の目処は立っていません。

 

キツイ。

 

***

 

ここではおそらく最年少の私。

だけど、同じ病気の大先輩がごろごろいる。

「若いのに〜〜」とよく言われるけど、

今の時代、年齢はあまり関係なく病気は発症するように思えた。

 

それもこれも、100年も経たないうちに人間の生活がガラリと変わってしまい、生活環境、食生活、生活習慣等の変化が早すぎて、遺伝子レベルで体がついていけていない。

考え方ばかりではなく、人間の体も昔の当たり前は、今や通用しないのではないだろうか。

 

なぜなら私が患った病は、年齢を重ねると発症リスクが高くなると言われている病で、

定期健診では、私の年齢は検査対象外(おおむね40歳から対象になることが多い)、ひいては紹介状を持って受診した医師に、初診で「若いから、その可能性はない」とはっきり言われたのだ。

その後幾度の精密検査で病変が発見され、即入院だった。

 

***

 

 

ということで…

 

はなから先入観で物事を捉えてはならないのです。

 

今回大病を患って、強く強く伝えたいことは、

定期検診は必ず受けて、少しの異変でも早めに調べることです。

 

私の症状は、

疲れやすい

お腹が落ち着かないな〜〜

これだけでした。

 

ちょっとした異変が、大病の発見につながることもあるのです!

そして、医療保険には入って損はないとつくづく思いました。

幸い私は、母が2つかけていてくれたので、お金を心配することもなく入院生活を続けてますが、入院してまでお金を心配するのは本当に辛いと思います。

 

いつ退院できるのか…

 

 

 

途方にくれることもありますが、日々前向きに静養しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご無沙汰しています。

みなさん、お元気ですか?

お昼に久しぶりに日記を投稿したわけですが、帰りの電車でアプリを開くと、懐かしいブロガーのみなさんから星を付けていただいていました(^-^)

懐かしいさと嬉しさで、今日の仕事の疲れは吹っ飛びました笑

 

みなさんのブログも約1年ぶりにお邪魔しました。みなさん、相変わらずお元気そうでなによりです。

読んでくださり、また覚えててくださり、ありがとうございます!

またよろしくお願いします♪( ´▽`)

 

 

あっという間の1年間 2015秋~2016秋

寒露を迎えて、本当に涼しく、肌寒くなりましたね。

慌ててヒーターを注文した週末でした。掛布団も厚みを増して。

 

こちらのブログ、約一年間も更新していませんでした(汗)

しかしこの1年間、書いたらおもしろい出来事が本当に多かったのです。

逐一書き足していればよかったものの、なかなか心を落ち着けてブログを開くことができずに、早1年。

この1ページだけに収めるのはもったいないので...時間を見つけて綴りたいとは思いますが、なんせ気まぐれなもので。。

 

2015秋 農協でアルバイ

今まで私には無関係だった農業と接するすばらしい機会でした。

「新潟米」の選別作業と、「八珍柿」の選別作業

新潟の柿といえば、佐渡の「おけさ柿」が有名なのですが、原木は地元由来ですよ。柿の密度も、甘みが全然違う。この柿を食べたら、適当に柿は食べられなくなります。最後にはおばさん、おじさんたちと温泉慰安旅行までご一緒させてもらい、当初は疲れたり、いろいろあったけど、今となっては楽しい思い出になっています。

 

2015秋~2016冬 引っ越し、職業訓練 明治大学に通う

貿易実務・マーケティング関係の職業訓練に、寒い寒い冬の間通っていました。このクラスのクラスメイトは、本当にいろいろなバックグラウンドを持っている人々で話していてものすごく刺激になりました。クラスメイトの皆さんの真面目度、取組み度、基礎知識、経験値、英語力どれもすばらしい。勉強は大変だったけど、久しぶりの学生生活が楽しかった。

 

2016春 検定試験、TOEIC、就活

頭から湯気が出てきそうなほど、短期間ですが勉強していました。そして、苦手な就職活動。この時期、自由なはずなのに毎日何かに追い立てられる感覚がある生活を送っていました。結局3つの検定を取得できました。TOEICは結局何も勉強せず、自分の英語力をさらされた気分。でもTOEICって、英語のテストっていうよりも、タイムマネジメントの試験な気がしました。先生曰く、「TOEICは筋トレだ」とも。

 

2016初夏~ 就職、通関士講座開始

新しい生活に加えて、通関士試験対策講座に通い出し、一気に縛られる生活へ自分から突進してしまった...

最初は新しい生活を、内心緊張感持って張り切っていましたが、夏ごろから疲れがピークに。。。体調崩し、満員電車に揺られるの生活が嫌に。お盆に久々に帰省して、早くもホームシック。私は自然の美を毎日感じていたい...

この間、約10年ぶりに上海へ出張で行きました。そしてお初の河南省へも行くことができ、中国の日進月歩の様がよーくわかりました。私の中での中国に対する思いも、変化していました。

10年ひと昔  って本当ですね。

 

2016秋~ アロマ講座、病院通い

ちょっと張り切り過ぎて疲れてしまったのをきっかけに、アロマ関係の本を引っ張り出し、講座に通いだしました。ずっと放置していたアロマ協会のパンフレットを見て、徐々に資格を取って行きたいなと計画中。

そして、体調が思わしくないので現在漢方医と胃腸科を受診中

 

拠点を新潟から東京に変えてから、何もかも一変した生活の中で、

東京での生活をいろいろ模索している毎日です。

ようやくブログを更新できたので、また気まぐれですが書いていけたらいいな。

 

それにしても、秋っていい季節ですよね!

 

 

 

 

珈琲と、人のつながり *1

f:id:xiaomeinikki:20151120164812j:image

[写真]金沢のお土産 金粉入り珈琲をお家で…

今週は、所用のため、ほとんど東京にいたしゃおめいです。
今回の東京は、本当によくしゃべり、そしてよく珈琲を飲みました。

まずは赤坂での珈琲
旧友に連れられて、てくてくと坂を下ると小さな西洋風のお店があって、
その脇の小道に面して、やや大きめなソファーが並べてありました。
言われるがままに腰を埋めると、店員さんが「ホット ツー(Vサイン)?」って。。

***
「こいつだいぶ来てるな…」
思い起こせば、彼との出会いは、台北の海辺の珈琲屋だった。
その珈琲屋は、すぐ目の前が海、一階が小ぢんまりとしたキッチン、
飲むところは店先の小道か、きっつきつで急な階段をあがったところにある数席
夏は蚊に刺されながらアイスコーヒー、冬は冷たい海風に煽られながらフレーバーコーヒー
トイレは同じに並びにある軍の巡視ほったて小屋に行き、徴兵の青年にあいさつして借りるという…
でもこの珈琲屋から眺める東シナ海の夕陽は格別だった。
毎回何時間も腰を下ろして、そして結局夕陽を待ち構えてしまうお店だった。

赤坂のお店は、残念ながら海も夕陽も眺められない、目の前はコインパーキング
だけど旧友はそこの小道を通る老若男女とたわいのない挨拶をする。
杖が必要そうなおばあさんから、ランドセルに帽子の小学生まで
下ってきた坂から大きく手を振って挨拶をすることもあった。
静かで、悪くなかった。この地域に馴染んでいる彼の一面を見せられた気がした。
***

彼と珈琲について話したことはそんなにないんだけど、お店についてはよく話題にあがります。
それはきっと私たちの共通着目点のひとつだから。

通りかかった小学生の女の子は、挨拶するなり、こう言ってきました。
「どういうご関係ですか!?」(ま、ませてる!)

この質問は、案外答えるのに難しい質問でした。
こう言われて、私たちの関係って、一言では言い表せない関係だなーと気づかされました。
んー と濁していると、女の子はどんどん”関係”を提案してくる(笑)

「友だち?」  んー
「同級生?」 近いかもー
カレカノ?!」 (小学生ってこんなこと言うの?!)違うー
「会社の人?」 違うー
「幼なじみ?」あーある意味ねー
「奥さん?」違う ー
「センパイ?」 あー人生の先輩かもー
「仕事関係のひと?!」あーそうともいえるかもー

結局、彼は女の子にこう言いました。
「海外にいた時に知り合った友だちだよ」
女の子たちは、なぜか ぽかーん としていた(笑)疲れたのかな…?

女の子たちが去った後、また少しだけ腕を組みました。
彼との話は、おしゃべりではなくて討論に近いです。
だからか、腕を組むことが多いのです。
パリのテラスなんかも、若者がアートについて熱く意見を交えると聞いたことがあるけど、
そんな感じなんだと思います。
討論会を開ける珈琲屋は魅力的です。


新しい生活に、ひとつ通うお店が増えたような気がしました。


+今回のお店+
台北  淡水    天使熱愛的生活   
東京  赤坂    ガザーラカフェ
















"秋の夜長"で自由人

f:id:xiaomeinikki:20151109230951j:image

私がこの頃手に持っているのは、このエッセイです。
たまたま図書館の新刊コーナーで手にとって、読み進めてみたら、珍しくすいすい読めています。

いつもは借りたとしても返却日までに本を開くか開かないか危うい、延長するかどうかという、本当に借りて満足な迷惑なやつなんです(すいません)


私がここ数年で気づいたこと、
それは、どうも小説が苦手ということです。
小説よりも伝記やエッセイの方がすいすい読めて面白いということです。図鑑や雑誌は最高に好きです。


まどろっこしい、わざと長い比喩を継ぎ足し継ぎ足ししている架空の文章よりも、実際にその人はどんな行動をして、どんなことを感じ、何を考えたのか…ということを読む方がずっと興味深く、読み応えがある。

今回借りた村上春樹のエッセイもなかなか面白くて、
文中に「好きなことを、好きなときに、好きなようにやること、それが僕にとっての自由人の定義です。」という一文を読んで、缶チューハイを開け、このブログを書き出しました。

昔の、特に中学高校時の私はもっとストイックで規律を重んじる人でした。
その頃の私であったら、まずこの時間それも歯も磨き終え、寝るという前に、ジュースのような飲み物を飲まないです。
糖分もあって、分解に胃へ負担もかかるし、寝る直前に缶飲んだら、水分過多でむくむ。
嗚呼、体に良くない、ダメ!

そんなストイックさは、社会人になり、そして台湾で住み始めてから崩れて行きました。
社会人になり、一人暮らしで完全な自由と、身に余るストレスがあいまって少し崩れました。

台湾では、"空腹は悪!"というかのように、食べることに重きを置き、胃の負担よりも空腹感を無くすことが先決という観念の人々ばかりでした。

私はさすがに夜食を食べたい気にはなりませんでしたが、夕食後に何か口にすることに少し抵抗がなくなりました。
(昔は夕食後、口にするものは、水のみ。スポーツドリンクを飲んでも罪悪感を感じるような人でした)

まるで、自分にかけた禁止事項を徐々に解いているかのようです。

何が言いたいかというと、
私は今、好きな時間に思いのまま、缶チューハイ飲みながら、読書を中断して、ブログを書くという、自由人だな〜と感じたよ! ということです。

それでは、読書に戻ります笑